仙台のコロナウイルス対策による公共・娯楽施設は?無料子供番組情報

3月2日より新型コロナウイルス感染防止対策として仙台市内の小学校のほとんどが臨時休校となりました。 幼稚園も臨時休園のところや、自由登園のところがでています。 また、 仙台市内の公共施設、娯楽施設、アミューズメント施設のなかにも臨時休業や利用に制限を設けているところが出てきています。 これら仙台市内の各施設について状況をまとめました。(3/4時点の情報です)

続きを読む

新型コロナウイルスの車内対策にはプラズマクラスター?ナノイー?

新型コロナウイルスの日本人の国内感染者が増えてきています。 2020年2月15日現在、東京都、千葉県、神奈川県、愛知県、和歌山県、沖縄県での感染者が確認されています。 ウイルス予防・対策としてマスクやうがい・手洗い・アルコール消毒はもちろんしていると思います。 でも、 車の中のような密室でのウイルス除菌は出来ていますか? この記事では、ウイルス除菌に効

続きを読む

新型コロナウイルス対策に飛行機・新幹線はどの座席?通勤電車では?

2020年2月2日現在、中国における新型コロナウイルス感染者数は17,205人、 亡くなった方は361人。 2003年に流行した新型肺炎「SARS」を上回る勢いで拡がってきています。 一方で、日本で感染が確認された人は20人。 こちらもじわじわと拡がってきており、予断を許さない状況になってきています。 この記事ではこのような状況の中、出張ややむを得ぬ用

続きを読む

新型コロナウイルスにクレベリンは効く?対策・消毒・予防にはコレ!

新型コロナウイルス(2019-nCoV)は、 2020年1月27日現在、 中国:2700人超の感染、死者81人 タイ、香港:8人の感染 米国、オーストラリア、台湾:5人の感染 日本、韓国、シンガポール、マレーシア:4人の感染 フランス:3人の感染 など世界中に拡散、 人から人への感染も確認されており、 WHO(世界保健機関)も世界的

続きを読む

牡蠣にあたる!下痢のみの場合の対処法は?すぐくだるのは食中毒?

スポンサーリンク 宮城県は松島の牡蠣が全国的に有名です。 毎年忘年会の時期になると温泉旅館でも、ホテルでも、飲食店・居酒屋でも牡蠣料理が出てきます。 でも、 牡蠣はよくあたると言われており(10人に2人はあたった経験ありというデータあり)、私も過去に1度だけ会社のサークルの忘年会であたってしまい、翌日メンバー数名が会社を休んだことがありました。 ここでは、牡蠣

続きを読む

ニット帽をかぶると禿げるは都市伝説?それともホント?対策はあるの?

スポンサーリンク ニット帽をかぶり続けると禿げるって聞いたのですが本当ですか? ニット帽をかぶると禿げるというのは都市伝説ですか? これから涼しくなってくると愛用者が増えるニット帽。 上記のような質問をいただいたのでちょっと調べてみました。 禿げるのには様々な原因があり、その中のいくつかにニット帽をかぶることによって引き起こされるものがあるのは事実です。

続きを読む

ペットボトルがあかない! どうして?どうすればいい?

スポンサーリンク 喉が渇いてカラカラ!! そこでようやく見つけたペットボトル飲料。 でも、せっかく買ったのにあけられなくて飲めなかった。 あけるのにすごい大変だった。 手がつりそうになってしまった。 最近、力が落ちてこういうことが多くなった。 でも ペットボトルのキャップがあかないのはどうして? 簡単にあく方法はあるの?

続きを読む

ペットボトルの繰り返し使用はやめたほうがいい?代わりのものは?

スポンサーリンク 自販機で飲み物を買う時、缶飲料とペットボトル飲料どちらを購入しますか? 私は喉が渇いて、一気に飲んでしまう場合には、容器に関係なく好きな物を選びます。 しかし、 今少しだけ飲んで、あとからまた飲もうと思う時にはペットボトルを選んでいます。 でも、 一度口を付けてしまったペットボトル飲料 そのまま車内や室内、バッグの中に置いたままで

続きを読む

赤ちゃん乳幼児の熱中症予防に室内温度・車内温度で注意すること

スポンサーリンク 赤ちゃんや乳幼児は、大人と比べて部屋の中や車の中でも熱中症にかかりやすいものです。 これは、赤ちゃんや乳幼児は体温を調節する機能が、まだまだ未熟だからですね。 なので、 ママやパパも暑さでボー――ッとしている時、 ちょっとした油断が、熱中症への引き金になってしまいます。 こちらの記事では 赤ちゃん・乳幼児が暑さに弱いのはなぜ?

続きを読む

キャンプ時に子供が熱中症にかからないよう準備したい7つのものは?

スポンサーリンク 炎天下でのキャンプ場や野球場・サッカー場、広場、遊園地などは日差しが特に強いところ。 このような場所では子供は背が低い分、大人よりも地面から発せられる熱(難しくは輻射熱といいます)を受けやすくなります。 また、子供は発汗機能がまだまだ未熟で汗をかきにくいので、体温調節も苦手です。 そのため、子供は キャンプや屋外スポーツなどで長時間外にいると

続きを読む