タラバガニとズワイガニ どっちが高い?美味しいのは?通販で比較したよ

冬の寒い時期、特に年末年始にかけて食べたくなるカニ。 カニの中でも、食卓に乗せて存在感があるのはやはりタラバガニとズワイガニですね。 うちでは、毎年年末に塩釜の仲卸市場か仙台の朝市にカニやお雑煮の出汁用の焼きハゼを買いに行ってます。 どちらの市場もおいしいタラバガニ、ズワイガニが手に入るのでおすすめです。 しかし、そのような市場が近くにない方は楽天などの通販

続きを読む

タラバガニ・ズワイガニはクモの仲間?ヤドカリの仲間?食べれるクモも

「タラバガニ・ズワイガニなどのカニは、クモの仲間なんだよ!」 という都市伝説がありますが本当なのでしょうか? やはり単なる都市伝説なのでしょうか? 確かに両方とも足が8本ありますし、 「陸上にいたクモが海に入ってカニになった」なんて言う珍説も聞いたことがあります。 でも、本当に クモの子孫やクモの仲間を食べているなんてことだったら、ちょっ

続きを読む

溶けるチーズと溶けないチーズの違い ナチュラルとプロセスの差なの?

スポンサーリンク まき釜で焼いたピッツァの上に乗ったトロトロのチーズ。 野菜やハム、チーズをはさんだ昼食のサンドイッチ。 溶けるチーズと溶けないチーズの違いはどこにあるのでしょうか? あるサイトでは、 溶けるチーズはナチュラルチーズ、 溶けないチーズはナチュラルチーズを加工して作ったプロセスチーズ! と言ってますが、これは間違いです。

続きを読む

赤ちゃんケーキを仙台で!一歳の誕生日を乳児も喜ぶケーキで!

スポンサーリンク 大切な赤ちゃんの1歳の誕生日。 仙台では昔から一升餅と言って、一升分(約1.8㎏)のお米で作った餅を赤ちゃんに背負わせて歩かせるという風習があります。 (息子は立ち上がれず 娘は余裕で歩きました) これは、 一生食べ物に困らないように これからの一生が健やかになるように との願いが込められています。 でも、最近は

続きを読む

松茸の探し方・取り方のコツをつかんで松茸狩りに行こう!

スポンサーリンク 今年は子供も大きくなったので「松茸狩り」に行こうかな?と思っているあなた。 松茸狩りを「いちご狩り」や、「サクランボ狩り」と一緒と思っていませんか? 始めにお断りしておきますが、 どの山にも必ず管理している所有者がいます。 勝手に山に入って松茸を採ることはできません。 窃盗罪に問われます。 必ず 地主さんに許可をもらった山

続きを読む

松茸にぬめり!食べられる?どう処理したらいいの?白カビは?

スポンサーリンク 美味しいものがそろう味覚の秋。 「香り松茸 味シメジ」ともいわれる松茸は秋の味覚の王様ですね。 でも、 せっかくいただいた松茸の表面にぬめりが出ているけど食べても大丈夫? 買ってきた松茸を冷蔵庫に入れて置いておいたら表面にぬめりが出てきた 買ってきた松茸を冷蔵庫に入れて置いておいたら表面に白いカビのようなものが出てきた 匂いが

続きを読む

風呂吹き大根(ふろふきだいこん)の名前の由来は?

スポンサーリンク 大根は品種改良が進み、今でこそ1年中食べることができますが、本来の旬は冬の11月~2月頃です。 冬の大根料理と言えば、おでんと風呂吹き大根(ふろふきだいこん)ですね♪ 大きな輪切り大根を茹でるか蒸すかして、田楽みそやゆず味噌などをのせて食べる風呂吹き大根は、寒い時期にからだの芯から温まる料理。 「風呂吹き」は俳句の冬の季語にもなっています。

続きを読む

一番出汁が濁るのはなぜ?だしを濁らせる3つの原因とは

スポンサーリンク 書いてある通りにしているのにもかかわらず一番出汁が濁る。 どうして? ちゃんとやっているのに! 和食のだしはとても繊細です。 ほんのちょっとしたことで濁ってしまうのです。 そんな時に、見直してみたいだしを濁らせてしまう3つのポイントを紹介しています。 まずは、基本の一番出汁の作り方をおさらいし、 どこに出汁が濁る原因

続きを読む

だしを取るのに兵四郎だしと茅乃舎だしとどちらがいいの?違いは?

スポンサーリンク 前回は「ほんだし」、「だしの素」をおだしに使っている方向けに、使うなら「素材力だし」がいいですよとおすすめしました。 今回は、もう少しレベルアップして、顆粒だしではなく、煮出す袋入りのだしについて比較調査してみました。 煮出す袋入りのだしの2大巨頭と言えば、「兵四郎のだし」と「茅乃舎のだし」ですね。 デパ地下や、仙台だとパルコ2に茅乃舎のだしのお店

続きを読む

だしの素とほんだしに違いはある?もっとおすすめの顆粒だしはある?

スポンサーリンク 和食の命といえば、『出汁(だし)』ですよね。 みそ汁、煮物、そばやうどん、てんつゆなどあらゆるものにだしが使われています。 でも、なかなか家庭で本格的なだしをとる(ひく)のは面倒でもあり、大変でもあるので、たいていの家庭では「ほんだし」や「だしの素」のような水にさっと溶ける顆粒だしを使っているのではないでしょうか。 このスーパーでも売っている顆粒だしに

続きを読む