七十七銀行の年末年始 2019-2020窓口やATMの営業日・時間は?

上の写真は、青葉まつりを七十七銀行本店前で撮影したものです。 七十七銀行(しちじゅうしちぎんこう)は、言わずと知れた宮城県で一番大きな地方銀行。 通称「しちしち」として愛されています。 乃木坂46のCMでもおなじみです。 私が地元仙台に就職した際に、給与振込にまっ先に作ったのが七十七銀行の口座でした。 さて、この七十七銀行、何かとお金が必要になる年末年

続きを読む

門松の竹を斜めに切る理由は?狸おやじが由来?他の切り方もある?

スポンサーリンク お正月らしい風物詩に門松があります。 神社やお寺、商店街や会社、官庁や古くからある家などの入口に飾られますが、その竹が斜めに切ってあるのはなぜなのでしょうか? 諸説ありますが、その中の一つはあの「狸親父」が関連しているようです。 門松の由来、竹を斜めに切る理由を調査してみました。 門松は神の依り代 門松は、松かざり、立て松ともい

続きを読む

溶けるチーズと溶けないチーズの違い ナチュラルとプロセスの差なの?

スポンサーリンク まき釜で焼いたピッツァの上に乗ったトロトロのチーズ。 野菜やハム、チーズをはさんだ昼食のサンドイッチ。 溶けるチーズと溶けないチーズの違いはどこにあるのでしょうか? あるサイトでは、 溶けるチーズはナチュラルチーズ、 溶けないチーズはナチュラルチーズを加工して作ったプロセスチーズ! と言ってますが、これは間違いです。

続きを読む

チョコレートを幼児にあげるのはいつから?3歳まで待つの?

スポンサーリンク ネットでチョコを調べていると、 「チョコレートを幼児に食べさせてもよいのは何歳から?」 という疑問をよく見かけます。 チョコレートは糖分、脂肪分とともにカロリーも高い嗜好品です。 カフェインなど子供にとって良くない成分もある一方、テオブロミンやカカオポリフェノールのように主に大人(成人)に有効な成分も入っています。 そのチョコレ

続きを読む

生クリームケーキ 幼児にはいつから与える?代替品におすすめケーキ4選

初めての子育てで、次々にやってくるイベント。 誕生日やひな祭り、こどもの日やクリスマス。 こんな子供のお祝いイベントで主役となるのがケーキですよね。 でも、 生クリームたっぷりのケーキ! 幼児はいつから食べさせていいの? 1歳の誕生日に食べさせても大丈夫なの? ケーキの代りの物をあげたほうがいいの? と思ってこの記事にたどり着いたのではないで

続きを読む

新潟市で赤ちゃん向けケーキが買えるのはどこ?通販でも買える?

スポンサーリンク 新潟市で赤ちゃんの1歳の誕生日祝いというと1升餅があります。 一升分(約1.8㎏)のお米で作った餅を赤ちゃんに背負わせて歩かせるという伝統行事で 一生食べ物に困らないように これからの一生が健やかになるように という願いを込めて全国で行われています。 でも、最近は 1歳の赤ちゃんの誕生日をケーキでお祝いする家も増えてきています

続きを読む

名古屋市で赤ちゃん用ケーキならココ!離乳食期でも安心素材使用

スポンサーリンク 名古屋での赤ちゃんの1歳の誕生日の行事というと1升餅があります。 全国的には一升分(約1.8㎏)のお米で作った餅を赤ちゃんに背負わせて歩かせるという風習が多いようです。 名古屋でも一升餅を背負って歩かせるのですが、 そのお餅の形がユニーク。 老舗和菓子屋さん餅屋さんの一升餅は足の裏の形をした紅白のお餅。 赤ちゃんがしっかりと粘り強く一生(1升の

続きを読む

福岡市 赤ちゃん用ケーキはココで!1歳のバースデーを安心素材で

スポンサーリンク 福岡で赤ちゃんの1歳の誕生日祝いというと1升餅があります。 全国的には一升分(約1.8㎏)のお米で作った餅を赤ちゃんに背負わせて歩かせるという風習が多いようです。 しかし、 福岡では一升餅を踏むんですね。 お餅とわらじがセットになって売っており、 しっかり地に足をつけて歩いていけるように 一生を強く歩ききる足腰の強い人間になるように

続きを読む

赤ちゃんケーキを仙台で!一歳の誕生日を乳児も喜ぶケーキで!

スポンサーリンク 大切な赤ちゃんの1歳の誕生日。 仙台では昔から一升餅と言って、一升分(約1.8㎏)のお米で作った餅を赤ちゃんに背負わせて歩かせるという風習があります。 (息子は立ち上がれず 娘は余裕で歩きました) これは、 一生食べ物に困らないように これからの一生が健やかになるように との願いが込められています。 でも、最近は

続きを読む

坪沼八幡神社 仙台で珍しい御朱印帳が頂ける!駐車場も紹介

スポンサーリンク 仙台市の太白山(たいはくさん)のふもと茂庭 から蔵の町村田へ向かう県道31号線。 ひと山(大八山)越えて里に下りてくると、 右手に「円満の神」というのぼりが立った坪沼八幡宮という神社があります。 年末になると干支の動物の引継ぎ式が地元のテレビで放送される神社です。 ちょっと気になり、お参りに行ったら とても素晴らしく、他の神社仏閣

続きを読む